×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE『マスコミ就職』。業界内部への潜り込み方と年収を明かす・・。マスコミ志願者は求人募集情報を見る前に必読!

マスコミ就職・業界への潜り込み方! マスコミ就職希望者・業界内部に潜り込みたい人必見!求人募集を見る前に!
   リクナビNEXT
   マスコミ就職目指すなら
    まずはエントリー
テレビ業界 マスコミ就職・年収大公開

  『プロデューサー』とは?プロデューサー求人募集を見る前に必読

 プロデューサーとはテレビ番組制作のトップ。番組制作のトップとして企画の立ち上げ段階から予算の管理分配、出演者の交渉やスポンサーとの折り合いにと全体を統括する立場にあります。

 プロデューサーにはその世渡りのうまさと言うか、カメレオンのように柔軟な振る舞いとコミュニケーション能力は必須。

 さらにニコニコしつつもあの人は切れ者と言わしめるような頭の切れも必要です。

 担当番組の当たりはずれによりあからさまに出世に影響が出たりもする。そんなプロデューサーの仕事の中で一番重要なのが企画。

 企画を立ち上げる際には、大々的に制作会社や作家に企画募集する場合とこっそり一部に「なんかおもしろい企画ない〜?」と御触れが出るパターンが多い。

 または、日々多方面から持ち込まれる企画の中からいけそうという企画を選んだりもします。

  『プロデューサー』になるためには?

 プロデューサーになるためには間違いなく経験が必要。

 経験とは、制作の現場経験や演出サイド、または広報や管理サイドの下積は必須。

 プロデューサーへの道には大きく分けて2つある。

 1つ目はテレビ局へ入社する方法。これはかなりの競争を勝ち抜けなければならない難関。そして入社後は各分野で実績を築いて行きその後プロデューサーになるか、またはAD→APを経てプロデューサーになるパターンなど様々。

 2つ目の方法は、制作会社へ入社する。この方法は比較的容易だが成り上がるためにはかなりの下積みが必要かもしれない。まずは常に開かれているADになりその後ディレクター・・それから・・やっとプロデューサーへの道が開かれるというパターンなど。なかには敏腕ディレクターとして売れっ子になり番組制作会社を設立してプロデューサーになるということもあります。

  『プロデューサー』の年収

  年収
  『1000万円程度』 (出生した場合)



 --どうすればマスコミに就職できるか?編集人が選ぶマスコミ系求人充実サイト--

  ■マスコミ就職・転職を目指すなら、エントリーしておけば断然有利な「リクナビNEXT」を利用するといいです。求人案件の数が断然多いから一番オススメです!

  □自分で求人に応募するより確実なのは、転職コンサルタントサービスを利用すること。今CMで話題のリクルートエージェントなら無料でプロのコンサルタントが日程調整や条件交渉、就職までをサポートしてくれるので一番良いところへ転職し易いです。

  また、マスコミ・クリエイティブ系の求人が豊富なのが、非公開求人が魅力の転職の新サービス【DODA】です。多くのサイトを利用し、エントリーしておくだけでも、スカウトされる可能性が高くなるほか、いい条件の情報を見つけることができるはずです。

  派遣、とりわけマスコミ派遣で探す場合は、リクナビ派遣マスコミが業界トップの情報量!

  マスコミアルバイトなら、有名サイトのWeb anたちよみフロム・エーが充実しています。他には就職関連の求人もあります。


  『私のおすすめ』
 自分で探すなら⇒ リクナビNEXT サポート・好条件なら⇒ リクルートエージェント

 
マスコミ就職・フリーランス年収公開
プロデューサー
AP
ディレクター
AD
カメラマン
放送作家
リサーチャー
編成
広報
タイムキーパー
技術
音声
デスク
美術
大道具・小道具
衣装・メイク
車両
マスコミ就職リンク

リクナビNEXT
リクルートエージェント
リクナビ派遣マスコミ
転職のDODA
Web an
フロム・エー



ラジオ業界
プロデューサー
ディレクター
AD
構成作家
DJ
ミキサー
編成
選曲
広報
マスコミ就職
PR


マスコミ就職ページの上へ
copyright2006  『マスコミ就職』 All right reserved.